豊能支部について

豊能支部は大阪府の北部に位置し、豊中市、池田市、箕面市と豊能郡、豊能町、能勢町の3市2町から成りたっています。
北は京都府園部町・亀岡市・西は兵庫県篠山市・猪名川町・川西市・伊丹市・尼崎市、南は大阪市淀川区、東は吹田市・茨木市と多くの府県、市町村に隣接した交通の要衝であります。
現在は東西に国道171号線、南北に国道173号線・176号線が走り、それぞれ西国街道、能勢街道と呼ばれ親しまれたものでした。
阪神高速大阪池田線、名神高速、中国自動車道の各高速道路も交通の要であります。 更に大阪国際空港は国内航空の拠点であります。

当支部の税理士(正会員)は近畿税理士会に所属し、豊中市・池田市・箕面市・豊能町・能勢町内に事務所を置いている税理士です。
令和4年3月31日現在、豊能支部では正会員358名・準会員19名・税理士法人会員23件という構成になっております。

支部長あいさつ

支部長:森田 茂稔 ( もりた しげとし )

税理士は税務の身近なパートナーです。
近畿税理士会豊能支部は、豊能税務署の管轄である豊中市、池田市、箕面市の3市と豊能郡の豊能町、能勢町2町に事務所を構える税理士が所属する団体です。

当支部は税理士会員に対して情報の提供・指導・研修・監督等を目的としています。

会員数は約360名で大阪国税局管内83支部の中でも13番目の大きな支部です。

税理士は中小企業の良きパートナーとして、税務だけでなく経営全般のお手伝いをしています。

私たち税理士は、税務援助などを通じて社会に貢献しております。支部事務局においても無料相談を週1回開催いたしておりますのでお気軽にご利用下さい。

納税者の皆様からのご意見、ご要望を頂戴し、今後の施策に反映させたいと考えておりますのでよろしくお願いいたします。